ホワイトニング

歯の黄ばみを白くする方法があります

歯は、食べ物・飲み物に含まれる色素により着色したり、年齢とともに徐々に黄色くなってしまいます。

「最近、歯の色が黄色っぽくなってきた」「もう少し白い歯だったらいいのに」とお悩みの方は「ホワイトニング」を検討してみませんか?

― Before ―

― After ―

ホワイトニングは、体に安全な薬剤を使用して歯を白くしていく方法です。

じっくりと時間をかけてご自宅で行う「ホームホワイトニング」と短時間で病院で行う「オフィスホワイトニング」の2通りの方法があります。

ご自身のライフスタイルに合わせてお選び頂けますので、ホワイトニングをやってみようと思われましたら是非一度お越しください。


白い歯が与える印象

白く美しい歯は、清潔感や若々しい印象を与えるもの。

特に欧米では口もとの印象が大変重要視されており、ホワイトニングを受けるということは一般的なことになっています。

また、相手に与える第一印象が重要なビジネスパーソンにおいては、歯がどれだけキレイにケアされているかが仕事の成果にもあらわれていると考えられています。

そして近年、日本でも口もとの印象をよくしたいと思われる方が増えています。

白く輝く美しい歯は、さわやかさや誠実さを印象づけてくれるもの。

ホワイトニングで、あなたも白い歯を手に入れませんか?


歯の色でこんなに印象がちがいます

白い歯の印象
若々しい・活発そう
清潔感がある
顔が全体的に明るくなる

色の悪い歯の印象
少し疲れた感じ
清潔感に乏しい
顔がくすんだように見える


歯科医院で素早く白く「オフィスホワイトニング」

― 1 ―

― 2 ―

― 3 ―

― 4 ―

オフィスホワイトニングは、歯科医院にて高濃度の薬剤を歯の表面に塗布し、特殊な光を照射することで歯を白くする方法です。

1回の施術である程度の効果がみられ、数回の施術を繰り返すこと(1週間おきに3回まで可能)で理想的な白い歯にしていきます。

できるだけ早くに歯を白くしたいという方におすすめです。

当院では歯科衛生士がホワイトニングを行います。ホワイトニングの前には徹底的にお口の中をクリーニングするため、ホワイトニング効果も現れやすく、お口もすっきり。安全、効果的に白い歯を手に入れられます。

オフィスホワイトニングのメリット・デメリット

メリット
数回の施術で理想的な白い歯に
プロによる施術で、安全に効果を得られる
施術前に専門的なクリーニングを受けられる

デメリット
歯や歯ぐきへの刺激を感じることもある
色の後戻りが比較的早い
1回の施術では理想の色にならないこともある


ご自宅でゆっくり白く「ホームホワイトニング」

― 1 ―

― 2 ―

― 3 ―

― 4 ―

ホームホワイトニングは、専用のマウスピースと薬剤を使用し、ご自身で歯を白くする方法です。

まず、歯科医院でお口にぴったりと合ったマウスピースを作ります。次にご自宅で、そのマウスピースに低濃度の薬剤を注入し、毎日一定時間装着してじっくり薬剤を浸透させることで、歯を白くしていく方法です。

ホームホワイトニングのメリット・デメリット

メリット
刺激が少なく安全性が高い
後戻りがしにくい
歯科医院へ通う必要がほとんどない
場所と時間を選ばす自分のペースで施術可能

デメリット
約2週間続ける必要がある
手間がかかる
歯の表面に付いた着色汚れは落ちない


ホワイトニングを行う際には、注意点があります。以下の点について、あらかじめ理解しておきましょう。

ホワイトニングの注意点

施術前の注意点

  • 効果には個人差があります
  • 被せ物や詰め物や差し歯などの人工物は白くできません
  • 抗生物質などによる歯の変色については、効果が現れにくい場合があります
  • 18歳未満の方や妊娠中の方は施術ができません
  • 虫歯や歯周病などの病気がある場合には、そちらの治療が優先となります

施術中の注意点

  • 薬剤の使用や管理については歯科医師の指示に従い、適切に行ってください
  • マウスピース装着中の飲食はできません
  • 施術期間中は、ワインやカレーなどの色の濃い飲食物や喫煙は控えてください
  • ホワイトニング前には必ずブラッシングを行ってください

施術後の注意点

  • 歯の白さを維持するために、メインテナンスをしっかりと受けましょう

料金表

オフィスホワイトニング¥12,960(12〜20本分)
ホームホワイトニング¥32,400(上下マウスピース、ジェル4本付)


詰め物被せ物や、銀歯が気になる方はこちらをご覧ください。