歯周病

歯を失う原因の第1位「歯周病」

今日、日本の成人の約8割が歯周病菌に感染、もしくは予備軍と考えられているのはご存じでしょうか?

歯周病は、初期段階で歯ぐきに炎症が起こり、最終的に歯を支える骨が溶け、歯が抜けてしまうこともある病気です。

残念ながら初期段階では自覚症状がなく、かなり進行してから気がつくことが多いため、日本人が歯を失う原因の第1位といわれています。

― Before ―

― After ―

「歯ぐきから血が出る」「歯ぐきが赤く腫れている」のが歯周病のサイン。気になる症状がございましたら、早めにご来院ください。


歯周病は全身に影響を与えることもあります

歯周病について近年の研究結果でわかってきたことがあります。それは、歯周病菌は体全体に影響を及ぼす菌だということです。お口から入った菌は、気管や血管内に入ることでトラブルの原因となるのです。心疾患、血管障害をはじめ、糖尿病、肺炎、早産など、ときには命にかかわる重篤な病気を引き起こすこともあります。


あなたのお口は大丈夫? 歯周病チェック

歯周病チェック


検査方法紹介

歯周精密検査

歯周ポケット・付着歯肉の幅・歯肉退縮量・動揺度・分岐部病変の有無について細かく調べます。

レントゲン検査

顎の骨の状態をレントゲン撮影にて調べます。パノラマレントゲン撮影にて全体の検査を行い、より詳しく骨の吸収状況を把握するために必要であればCT撮影(撮影料¥5,400)にて立体的に診断を行います。

口腔内写真検査


噛み合わせ検査



歯周病の症状と治療法

軽度歯周炎

症状

「プローブ」というものさし状の器具を用いて、歯と歯ぐきの間の溝(歯周ポケット)の深さを調べます。深ければ深いほど、歯周病が進行しています。

治療法

  ブラッシング指導

一人ひとりのお口の環境に適した正しいブラッシング方法を指導します。 ※ブラッシングは歯科医院での治療と合わせて行うご自宅でのケアとなりますので、継続して指導することがあります。

  スケーリング

ブラッシングだけでは取り除けない、歯に付着した硬い歯石を除去します。

中等度歯周炎

症状

顎の骨が溶けはじめた状態。歯を指で押すとグラつきます。歯ぐきが腫れ、ブラッシングの際に出血が見られるだけでなく、冷たい水がしみたり、歯が浮くような感じがしたり、口臭が出たりします。

治療法

  ルートプレーニング

歯周ポケット奥深くに入り込んだ歯石を「キュレット」という器具を用いて除去します。

  フラップ手術

局所麻酔をした後に歯ぐきを切開して、歯石や不良肉芽を除去します。

重度歯周炎

症状

顎の骨の3分の2以上が溶けた状態。歯のグラつきがひどくなります。歯ぐきが下がり歯根が露出し歯が長く見えたり、歯と歯ぐきの境目から膿が出て口臭がよりきつくなったりします。この状態を放置すると、最悪の場合、歯が抜け落ちます。

治療法(再生療法)

  GTR法

溶けて吸収してしまった顎の骨と歯根膜などの歯周組織を再生させる治療法の一種です。歯ぐきを切開して歯石を取り除いてできた隙間に人工骨などを充填し、特殊な膜「Gore-Texメンブレン」で上皮の侵入を防ぐことにより、骨や歯根膜などの歯周組織の再生を促します。

  エムドゲイン法

GTRと同様に、溶けて吸収してしまった顎の骨や歯根膜などの組織を再生させる再生療法の一種です。「エムドゲインゲル」という薬剤を歯根の表面に塗ることで歯が生えるときと同じような状況をつくり出し、骨や歯根膜などの歯周組織の再生を促します。


治療後に再治療になりたくない方はこちらをご覧ください。