顎関節症・口腔外科

顎が痛い? 顎関節症かもしれません

顎の痛みや口が開かないなどの症状がある場合、顎関節症が考えられます。放っておくと、普段の生活にも影響が出る可能性があるため、なにかおかしいなと感じられたらできるだけ早く適切な治療が必要です。


顎関節症の代表的な症状

「顎が痛い」「口が開けにくい」「顎がカクカクと鳴る」この症状は顎関節症の代表的な症状ですが、このほかにもいくつかの症状があります。以下の項目のうち3つ以上当てはまる場合には、顎関節症の可能性がありますので、慢性的な症状の場合はお早めに受診することをおすすめします。

口を開けたとき、顎に痛みや違和感がある
口を3cm以上開けたり閉じたりできない
口を開けるときに顎から音がする
顎がだるく感じる
顎に引っかかりがあり、動かしにくい
虫歯ではないが、奥歯周辺が痛い


顎関節症になる原因

歯並び・噛み合わせ

歯並びや噛み合わせにズレがある、不具合が生じている

生活習慣・癖

頬杖をつく、パソコン操作時の姿勢の悪さ、歯ぎしりやくいしばりなど

そのほか

筋肉疲労やストレスがある

顎関節症は、さまざまな要因がからみあって発症し、慢性化してしまうと顎関節の靭帯や関節円盤の損傷にもつながります。症状によって治療にはさまざまな分野の医学知識が必要となり、多方面からの検証を行うこともあります。気になる症状がある方は、重症になる前に当院にご相談ください。

治療法

運動療法

顎を開け閉めする運動を行うことで、ずれてしまった関節を本来の位置に戻す治療法です。

スプリント療法

マウスピースを利用する治療法です。顎関節を本来の位置に戻し、関節や筋肉への負担を軽減します。1月に1回程度調整を行いながら、経過を診ます。

補綴(ほてつ)治療

噛み合わせに問題がある場合の治療法です。スプリント療法のようにマウスピースを使用せずに、顎関節を本来の位置に戻します。また、スプリント療法が終わった後に行うこともあります。多くの場合は補綴治療だけでなく、矯正治療も必要となることがほとんどです。

矯正治療

歯並びや噛み合わせの悪さが原因である場合には、矯正治療によって歯並びを整え、原因を取り除きます。多くの場合は矯正治療後に補綴治療も必要となります。
くわしくはこ


顎に違和感がある方は一度当院までご相談下さい。

☎ 03-5789-3600


親知らず

奥歯の痛みは、親知らずが原因かもしれません

「親知らず」とは、奥歯のさらに奥にある歯。食の欧米化が進んだ現代、顎が小さい人が増えているため親知らずが生えるスペースが足りないことから、横向きや斜めに生えたり一部分だけ出て歯ぐきに埋まったままだったりと、正常に生えないケースが増えています。

多くの場合強い痛みが生じるのが、親知らずの一つの特徴。周りの健康な歯に悪影響を与えることも多いため、奥歯が痛むなどの症状がある場合には、お早めにご相談ください。


親知らずをそのままにしているデメリット

親知らずを放っておくと、次のようなさまざまな悪影響を招いてしまうことがあります。痛みをがまんすればいい、というものではありませんので、お早めにご来院いただくことをおすすめします。

デメリット1:歯並びを乱す原因に

すぐ手前にある歯を強い力で押しはじめます。その状態が長期にわたり続くことで、キレイだった歯並びが乱れたり噛み合わせが悪くなったりする原因の一つになります。

デメリット2:虫歯になりやすい

親知らずは奥歯のさらに奥に生えるためブラッシングがしにくく、磨き残しができやすいことから虫歯になりやすくなっています。さらに、隣り合う歯まで虫歯にしてしまう危険性もあります。

デメリット3:部分的に歯周病を進行させる

親知らずと手前の歯の間の汚れが取れずに残ってしまいやすいため、虫歯だけでなく歯周病も進行してしまいます。最悪の場合、親知らずと手前の歯、2本を抜かなければならなくなります。


親知らずを抜く場合と抜かない場合例

抜く場合
隣り合う歯を強い力で押し、歯並びを乱す
親知らずを含めて、周辺の歯が虫歯や歯周病になりやすい環境になっている
抜かない場合
まっすぐ正しい向きで生えている
親知らずを含め、周囲の歯もしっかりブラッシングができる

親知らずは抜くことになるケースが多いのですが、将来ほかの歯を失った際に活用できる可能性もあるため、できれば残したい歯でもあります。親知らずを抜くか抜かないかは専門家の判断が必要です。もし、気になることがありましたらお気軽にご相談ください。


抜歯後の注意点

  • 麻酔が切れるまで、唇や頬の内側を噛まないよう気を付けてください
  • 抜歯後はどうしても出血がありますが、この血の塊が組織再生を促しています。できるだけうがいなどで流さないようにしてください
  • 抜歯当日は、長時間の入浴や激しい運動、飲酒など血流を促すことは控えてください
  • あまり冷やし過ぎないでください
  • 処方された薬(痛み止めと抗生物質)は指示通りお飲みください


そのほかのお口のトラブルについて

口腔外科では親知らず以外にも、以下のようなさまざまなお口のトラブルを全般的に診察します。お口周りのトラブルは、口腔外科医が在籍する当院にご相談ください。

親知らずなどの抜歯親知らずや、それ以外の抜歯が必要となった歯の処置を行います
口腔内のできもの治りにくい口内炎など、お口の中のできものを治療します
顎や口腔内のけが顎のけがやお口の中のけがを治療します
歯牙移植や再植歯を失ってしまった場所へ親知らずの移植をしたり、抜けてしまった歯を元の場所に戻すなどの再植をしたりします
顎関節症「顎が痛い」「口が開けにくい」など、顎に関連するお悩みのご相談もお受けしています
顎関節症についてくわしくはこちら


親知らずやお口のトラブルについては当院までご相談ください。
親知らずやお口のトラブルについては当院までご相談下さい。

☎ 03-5789-3600