インプラント

自然な噛み心地・見た目のインプラント治療

歯を失ってしまったという方に質問です。以下の項目に当てはまるものはありますか?

歯を失ってしまったという方に質問

当てはまるものが一つでもあれば、自然な噛み心地・見た目を得られるインプラント治療をおすすめします。

インプラント治療とは、失ってしまった歯の代わりにインプラント(人工歯根)を埋め込み、以前と同じように噛むことができるようになる治療方法です。

入れ歯やブリッジとの違いは、健康な他の歯をきずつける必要がないこと。

入れ歯は違和感や痛みを生じさせることがありますが、インプラントは骨としっかりくっつくためにズレることがなく、違和感もありません。

またブジッジのようなお手入れの煩わしさもありません。

さらにセラミックの人工歯をかぶせることでよ見た目もとても自然に仕上がります。

機能性・審美性に優れたインプラントは、入れ歯やブリッジに代わる治療法としてもう当たり前になってきています。


インプラント治療のメリット・デメリット

インプラント治療のメリット
 メリット1  しっかり噛める
インプラント治療の一番のメリットはしっかり噛めることです。硬い物を食べても問題はなく、違和感や痛みもありません。

メリット2:違和感がない
顎の骨に固定する治療法なので、噛んでも話をしてもズレや違和感がなく普段の生活が可能です。

メリット3:話しやすい
入れ歯のように舌がもつれるような感覚がなく、会話に支障が生まれません。

メリット4:味覚が変わらない
入れ歯のように食べ物と接触する床部分の面積が減ることがないので、噛みやすく、味覚が変わることがありません。

メリット5:ほかの健康な歯に負担がかからない
抜けた歯の部分だけを治療するインプラント治療は、残っているほかの健康な歯に依存することがありません。そのため、健康な歯の寿命を縮めずに済みます。

メリット6:しっかりメインテナンスを行えば長持ちする
インプラントを長持ちさせるには、メインテナンスが重要です。これを怠ると歯周病に似たインプラント周囲炎になり、歯が抜け落ちてしまうことも考えられます。定期検診や日頃のブラッシングなどできちんとメインテナンスを行い、歯を長持ちさせましょう。

インプラント治療のデメリット
デメリット1:手術が必要
インプラントを埋め込む際に外科手術が必要です。

デメリット2:自費診療のため費用が高額
保険が適用されるものもある入れ歯やブリッジと違い、自費診療のため費用が高くなります。

デメリット3:治療に制限がある場合がある
お口の健康状態が悪い、骨の量が少ない、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)の薬を飲んでいる、全身疾患(心臓病や糖尿病など)を持っている、妊娠しているなど、患者様の状態によっては治療に制限が出るケースもあります。

デメリット4:治療期間が長い
インプラントを顎の骨に埋め込んだ後、骨との結合や傷口の治りを待つための期間が必要です。

デメリット5:メインテナンスをしっかり行う必要がある
インプラント治療後は、毎日のブラッシングや定期検診を受けるなどによって、お口の健康を守る必要があります。これらのメインテナンスを怠ってしまうと、インプラント周囲炎になり、せっかく埋め込んだインプラントを失うことになるかもしれません。





インプラント治療の流れ

  STEP1 カウンセリング


まずはしっかりカウンセリングを行います。治療に対する不安な点や不明な点、ご要望などがありましたら、遠慮なくお話しください。

矢印

  STEP2 検査・治療プラン立案


治療前の各種検査を行い、結果をふまえたうえで治療プランを立てます。

検査時に虫歯や歯周病などの病気が見つかった場合には、そちらの治療を優先的に行う場合もあります。

矢印

  STEP3 手術


治療プランにご納得いただきましたら、インプラント治療を開始します。

まずは歯ぐきを切開し、人工歯根を顎の骨に埋め込む手術を行います。

矢印

  STEP4 治癒期間


インプラントと顎の骨が結合し、傷口が治癒するまで約2ヵ月ほど期間を置きます。

矢印

  STEP5 人工歯装着

インプラントと顎の骨が結合した後、土台(アバットメント)を装着し人工歯(セラミック)を取り付けます
矢印

  STEP6 メインテナンス


インプラント治療後は、メインテナンスが必要です。

インプラント周囲炎などのお口のトラブルを未然に防ぐためにも、定期検診をしっかりお受けください。


インプラントQ&A

 Q  顎の骨に金属を埋め込むことで問題が生じることはありませんか?
 A  インプラントには生体親和性の高いチタンという金属を使用しています。これは整形外科の手術にも使用されているもので、腐食の心配がなく体に優しい素材です。そのため、心配されているような問題ありませんのでご安心ください。
 Q  年齢制限はありますか?
 A  骨の成長はだいたい18歳くらいで終わりますので、そのころから治療が可能になります。また、年齢の上限はありません。ただし、持病をお持ちの場合は受けられないこともありますので、ご相談ください。
 Qインプラントの寿命はどれくらいですか?
 A  定期的にきちんとメインテナンスをお受けいただければ、半永久的に機能します。ただし、インプラント治療後はインプラント周囲炎にかかりやすいため、日頃のブラッシングも重要です。インプラント治療後の定期検診は積極的に受けましょう
 Q  以前のように、自分の歯で噛むことは可能でしょうか?
 A  インプラント治療の一番のメリットは、しっかり噛めることです。インプラントと顎の骨がしっかり結合することで、天然の歯と同じように硬い食べ物も問題なく食べられるようになります。

料金表

当院では、インプラント治療を行うのに顎の骨が少ない方に対して骨造成の治療も行っています。

くわしくはお気軽にお問い合わせください。

インプラントオペ¥250,000
アバットメント(インプラントと人工歯の接続部分)¥50,000〜
セラミッククラウン(人工歯)¥120,000〜
骨造成¥50,000〜
歯肉造成¥50,000〜
インプラントガイド用ステント¥50,000
CT撮影・診断¥10,000

※上記はすべて税抜き価格です。


当院ではセカンドオピニオンを受け付けております。当院の話も聞いてみたいという方は、まずはこちらをご覧ください。