審美歯科

気になる銀歯を解消しませんか?

虫歯治療で歯を削った後に被せ物や詰め物をしますが、保険診療の範囲では「銀歯」を使用することがほとんどです。

この銀歯、白い歯が並ぶお口の中では目立ってしまいコンプレックスになっている方も多くいらっしゃると思います。

そんなコンプレックスを解消するのが「審美歯科」です。

銀歯をセラミックのものに替えることで、見た目がとても自然になり、治療した部分が目立たなくなります。当院では、見た目の美しさだけではなく機能面(噛み合わせ・適合)にも十分考慮した治療を行っています。

キレイなだけじゃない!

こんなに優れたセラミックの特徴

1. 天然歯と変わらない、自然な見た目になる

2. プラークの付着が少ない、付着しても落ちやすい

3. 耐久性があり劣化が少ないため、長く美しさをキープできる

4. 接着させることが可能なため、虫歯になりにくい

5.金属アレルギーの方でも安心して使用できる


銀歯とセラミックの違い

銀歯(金属)

見た目治療箇所が目立つ
耐久性割れることはないが、錆びてくる
歯ぐきへの影響金属イオンが溶け出すことで歯ぐきが黒ずむこともある
費用保険診療であるため費用が抑えられる
保証期間2年間(クラウンの場合のみ)

セラミック

見た目自然な色調のため他人に気づかれることがない
耐久性硬さはあるが、脆い材質のため割れてしまうこともある
歯ぐきへの影響生体親和性に優れているため非常に馴染みが良い
費用保険外診療のため費用がかかる
保証期間5年間(ただし、定期的なチェックを受けた方に限る)



高品質の被せ物や詰め物をご提供


当院では、技術力が高く、最高品質の技工物を製作している「 Bianco e Rosso」という歯科技工所と提携しております。
一人ひとりの患者様にピッタリの、ご満足いただける被せ物や詰め物をご提供することが可能です。

ハイブリッドセラミックインレー

セラミックとレジン(合成樹脂)を混ぜ合わせた素材で製作される詰め物。

グラスファイバーで補強を行っているため、通常のハイブリッドインレーと違い強度も十分です。        

メリット自然な見た目になる
強度が高く、割れにくい
虫歯になりにくい
デメリット透明感は出にくい
変色することがある
見た目★★
耐久性★★★★☆

セラミッククラウン

セラミックブロックやジルコニアフレームにセラミックスを築盛して製作される被せ物。

メリット天然歯と同じような透明感もある
強度が高い
虫歯になりにくい
デメリット
硬いが脆いので割れることもある
見た目
★★
耐久性
★★★★★

ファイバーコア

グラスファイバー(ガラス繊維強化樹脂)を用いたコア

メリット金属のものと違い、被せ物の透明感を損なわない
天然歯と似たような柔軟性があるため、歯根破折を起こしにくい
歯を削る量が少なくて済む
デメリット
歯の状態により使用できないことも
見た目
★★
耐久性
★★★★☆

料金表

ハイブリッドインレー¥43,200~86,400
セラミッククラウン¥129,600~194,400
ファイバーコア¥3,240〜¥10,800
仮歯¥3,240〜¥10,800


詰め物被せ物をする前に一度こちらをご覧ください。