根管治療

根管治療ってなに?

「根管治療」をご存じですか? 

「根管治療」とは、神経や細菌に感染した充填材をきれいに取り除く治療のことです。

虫歯が進行して神経にまで達した場合や、神経治療をされた歯の根に膿がたまってしまった場合、この「根管治療」を行うことで、歯を抜かずに残すことができるのです。


根管治療の重要性

根管治療は、とても繊細で高度な技術が必要になります。

この治療がきちんとできているかが、再治療の確率にも大きく関与します。

治療が完了するまでに何回か通院が必要となりますが、その後の被せもの(クラウン)を支える大事な部分となりますので非常に重要な治療なのです。


当院の精密な根管治療

「根管」の内部は非常に細いだけでなく、奥の方で曲がったりと複雑な形状をしています。

当院では、そんな根管の治療に拡大鏡(サージテル)を使用しております。

10倍の拡大鏡と専用のライトを使用することで根管内部まで詳細に把握することができ、正確かつ安全に行うことが可能になるのです。


根管治療の流れ

 STEP1 

虫歯が進行し、感染した神経や血管を除去する

 STEP2 

根管を適切に形成し、根管の長さを測定する

 STEP3 

根管を広げ、丁寧に洗浄・消毒する

 STEP4 

根管内に薬剤を詰め、密封する

 STEP5 

歯の土台を入れる

 STEP6 

被せ物をする


歯を抜くと言われても残せる可能性があります。くわしくはこちらからごらんください。