一般歯科

虫歯の治療はお早めに

虫歯とは、プラーク(歯垢)の中に含まれる虫歯菌が糖分をエサにして酸を出し、歯を溶かしてしまう病気です。一度かかると自然に治ることがないため、できるだけ早く適切な治療を受けて、進行を食い止めることが大切です。「歯が痛い」「しみる」などの症状がある場合には、できるだけ早くご来院ください。


虫歯の原因と予防について

虫歯になる原因は、虫歯菌(ミュータンス菌)ですが、その他の要素と複合的に結び付くことで虫歯は発症しやすくなります。

虫歯になる主な原因は

1)磨き残し虫歯菌はプラークの中に潜んでおり、プラークが多いほど虫歯になりやすくなる
2)詰め物や被せものの隙間数十ミクロンのわずかな隙間でも細菌にとっては十分な侵入スペースとなるので、できるだけぴったりとしたものをつける必要がある
3)噛み合わせによる歯のヒビ(クラック)ヒビから細菌が侵入し、虫歯をつくる
4)摂取するものの酸性度炭酸飲料を好む方は酸蝕症といって歯の表面が溶けてしまう病気も
5)生活習慣飴をなめたり、何か口に入ってないと落ち着かない方は口腔内環境が酸性になったままなので虫歯になりやすくなる

このように、虫歯自体はすでに原因やメカニズムがはっきりしている病気のため、意識次第で予防が可能です。

予防で大切なのは、「糖分を多く含んだものを摂り過ぎないこと」「食後30分以内のブラッシング」「定期的なプロの手によるメインテナンス」。日々のケアだけでは落としきれないお口の中の汚れを、定期検診の際にキレイにすることも虫歯予防にとって大切です。くわしくは「再治療にならないための当院の取り組み」をご覧ください。


歯の役割をご存知ですか?

歯には以下のようにたくさんの大事な役割があります。こういった歯の役割に気付くのは、失ったとき。失ってから後悔しないように、虫歯から歯を守りましょう。

  • 食べ物を細かく噛み砕くことで栄養を吸収しやすくし、消化器官の負担を軽減する
  • 歯ごたえなどの歯で感じる「食感」により味覚の補助をする
  • 食べ物とそうでないものを区別し、体内への異物の混入を防ぐ
  • 発音の補助をする
  • 歯があることで表情を豊かにする
  • 噛みしめることで瞬間的な力を発揮したりバランスの調整をしたりする


最近よく聞く「歯の再石灰化」とは

「歯の再石灰化(さいせっかいか)」という言葉をよく聞きますが、いったいどういうものなのでしょうか? 「脱灰(だっかい)」と交えてご説明します。

  脱灰

虫歯菌により歯の表面が溶け、歯に含まれるカルシウムやリン酸がなくなること

  再石灰化

だ液の働きによりお口の中の酸が中和され、歯の表面にカルシウムやリン酸が戻ってくること

お口の中では「脱灰」と「再石灰化」が常に繰り返されており、この脱灰のスピードが再石灰化を上回ると虫歯になります。つまり、虫歯予防には歯の再石灰化を促すことが効果的なのです。再石灰化に有効なものには、フッ素塗布やキシリトール入りガムがよく知られています。


歯がしみるのは「知覚過敏」の可能性があります

「虫歯ではないのに歯がしみて……」という方は知覚過敏(ちかくかびん)かもしれません。知覚過敏は、歯の象牙質が露出することにより、神経に刺激が伝わりやすくなっている状態のことです。

ではなぜ知覚過敏は起こるのでしょうか? それにはさまざまな原因が考えられますが、「歯ぎしりや噛みしめなどによって歯に負荷がかかり、エナメル質が割れたり欠けたりした」、また「歯周病によって歯ぐきが下がったことにより、象牙質が露出した」などがあげられます。

知覚過敏の症状は、治療によって軽減できます。痛みをがまんせず、気になる症状がありましたらお早めにご来院ください。


さらに深い虫歯でお悩みの方はこちらをご覧ください。


お子様の歯を守るために

乳歯や生え替わったばかりの永久歯は、歯質が弱いために虫歯になりやすく、虫歯になった場合はすぐに進行してしまいます。お子様の歯を守るためには、小さいころからの適切なケアが必要です。

甘いものは控える

子どもが大好きなお菓子の大半には、虫歯菌の大好物である糖分が多く含まれています。できるだけ控えたほうがいいでしょう。


食後のケア

虫歯菌はお口に残った糖分を栄養源として酸を作り出します。酸を作らせないために、食事やおやつの後のブラッシングを忘れずに。


おやつは決まった時間で

お口の中に糖分が長くとどまることで虫歯になりやすくなります。おやつはだらだらと食べさせるのではなく、時間を決めましょう。


乳歯が生えたら通院を

乳歯が生えたときからお子様のお口のケアが必要になります。同時に歯科医院に慣れるようにすることも大切です。


お子様の癖に要注意

お子様に以下のような癖がある場合は、噛み合わせや歯並びに問題が生じたり、体全体に悪影響を及ぼしたりする可能性がありますので注意が必要です。思い当たる癖があれば、できるだけ直してあげるようにしましょう。

指しゃぶり2~3歳になっても指をしゃぶる癖があるお子様は、歯並びに悪影響が生まれる可能性があります。
口呼吸口呼吸をし続けると、お口の中が乾燥しやすくなるため乾燥を好む細菌が増えてしまいます。
うつぶせ寝長い時間うつぶせに寝ると、顎のゆがみにつながる可能性があります。
頬杖頬杖をつくことで、顎のゆがみや歯並びの乱れなどが生じる可能性があります。
よく噛まないよく噛まない習慣があると、お子様の脳や顎の発達を阻害してしまうことがあります。また、胃腸への負担も大きくなり、消化不良につながる可能性があります。
片方の歯だけで噛むよくいう「片噛み」といわれるものですが、顎のゆがみや歯並びの乱れなどが生じる可能性があります。



小児歯科処置方法紹介

  ブラッシング指導

お子様のお口の状態や発育度合に合わせて、歯ブラシの選び方から適切なブラッシング方法をご指導します。

  シーラント

シーラントとは、奥歯にある複雑な溝に歯科用プラスチックを詰める処置です。この処置をすることで、食べ物が溝に詰まることがなくなり、虫歯の予防になります。

  フッ素塗布

フッ素を塗布することで、歯質を強くし再石灰化を促します。定期的に行うと、より効果的です。

― Before ―

― After ―

  過剰歯の抜歯

ごくまれに、通常の本数より多い歯「過剰歯」が生えてくることがあります。過剰歯は、歯並びの乱れを引き起こしたり、永久歯への生え替わりを阻がいしたりすることもあるため、多くの場合抜歯が必要となります。

  床矯正

顎が小さいと永久歯の生えるスペースがなくなり歯並びを乱してしまうことがあります。その場合、入れ歯のような装置を毎日一定期間装着し、顎を広げることで永久歯の生えるスペースを確保します。


お子様の歯についてご不明な点や不安なことがありましたら、一度ご相談下さい。

☎ 03-5789-3600